大喜利サイト http://oab.no-ip.biz/~aitu/index.html


by mujyuuryoku

死屍涙々

すべてが零れ落ちてしまったのです。
ただ一度の過ちで、
僕の枕は焼け野原色になり、
僕の夜をじめじめとしたものに変えてしまいました。
たとえ枕が乾く朝が来たとしても、
この染みは残り続け、
君を思い出す夜には
たびたびカビの原因となるのでしょう。
君は僕の乾いた心を癒してくれたけど、
それゆえに涙が抑えきれないよ。


烏龍茶こぼした。
[PR]
by mujyuuryoku | 2007-12-17 22:44 | 歩得無