大喜利サイト http://oab.no-ip.biz/~aitu/index.html


by mujyuuryoku

カテゴリ:チェキッ娘( 36 )

チェキッ娘再会ライブ3

どーも、あれから1週間経っちゃいそうですが、
まだ半分くらいしか書けてない例のやつです。
前回はどこまで書きましたっけね。
確か桂林に来た主人公が
そこで出会った少女と謎の剣を見つける……って、
それシェンムー2のラストシーンだよ!
ゲーム内容より制作費ばかりを強調したCMでコケた、
あの隠れた名作の続編だよ!

というわけでドリキャスつながりで
お送りする続きなんですが、
2回目のチェキッ娘いじりの後は
「最初のキモチ」でした。
チェキッ娘の歌はサビよりも
Bメロあたりが絶品だと思うのは僕だけですかね。

歌が終わったあと、カズが
「いやー、僕も聴いてましたよ、『最後のキモチ』」
おい、テメーッ!
さっきからいないメンバーに話し振ったり、
曲名間違えたり、
絶対、チェキッ娘に興味なかったろ!
「セガなんてだせーよな」
とか言ってた派だろ!
ドリキャス草の根販売計画とかやってたくせに、
その後すぐプレステのFFの宣伝出たタッキー的存在だろ!

だんだんとチェキッ娘ファンなのか
セガファンなのかわからなくなってきましたが、
ここでまた
「チェキッ娘ってその後どーよ」みたいなコーナー。
この辺からチェキッ娘が自分たちで
ベンチとか運んできてモニターを見るようになってました。
運んでたのは加藤さんとくまきりさんだったかな?

このブロック最初はくまきりさん。
一日警察署長のときの写真や、
志村魂でのバカ殿の腰元写真などが出てました。
そういやこの日はくまきりさんの目標だった
24時間テレビの日でしたね。
もっと恵まれないアイドルに愛の手を。

次は嶋野さん。
台湾旅行の写真とか
旅番組のナレーションをしている写真が出てました。

続いて新井さん。
幼稚園の先生をしていた時の写真や、
子供の写真が出てました。
5年前に結婚してたのは新井さんだけだったよなぁ……

次は大瀧さん。
チェキッ娘の新年会の写真なんかが出てました。
現在はスタイリストをしてるそうです。

そして森さん。
また本人いないのにカズが質問とかしてました。
本人いないのにVTRなし。
おっぱいないと出番もないのか!

んで下川さん。
ライブの写真が主でしたね。
下川さんだけ上海ライブの様子が映像で出てきました。

そしてここで下川さんが、
「ちょっとみなさんに紹介したい人がいるんですけど」
と舞台袖に引っ込みます。
誰だろ? きくP?
とか思ってたら……
おーっ、お腹をおっきくした森さんが、
下川さんに気遣われながら登場!
ドリキャスの「見るCD」で悲しくなるくらいの
偽装巨乳を疲労した森さんが!

「チェキッ娘ID015、森知子です!」
盛り上がるチェキッ娘ファン。
「今日は出れないけれど、気持ちはみんなと一緒です。
もりあがろー! 森だけにね!」
最後の「森だけにね!」は僕の捏造です。
10月にはイケメンの子供が生まれるそうです。

ここでついでに(?)甲斐田さんも、
自分の子供、あんなちゃんをステージに上げます。
そしてあんなちゃんにはID022が授与されました。
ID022はウマキリアサミという馬のはずなんですが、
たぶん10年経ってますからもう亡くなっていて、
欠番になっていたということなんでしょう。
うん、きっとそうにう違いない。
あんなちゃんには将来、
チェキッ娘みたいになって欲しいとか。
スポンサーとカリカには気をつけるんだぞ!

そして森さんも加えて続いてのコーナー、
「10年経ったから、いまだから言っちゃいます!」
……な・ん・で・す・が!
今日はまたこの辺で区切ります。
どうせ誰も見てないだろうし。
ブログってほとんどの人は自分のために書いてるよね。
日記って本来そういうもんだし。

というわけで、
See you next 気が向いたら!



次回予告

白菜の裏切りにより、
「七宝菜」となってしまった元八宝菜たち。
もはや酢豚に勝つことは不可能と諦めかけたとき、
彼らの前に現れたのは……
「よう、しけた面してるな。力を貸してやろうか?」
「おまえは……イチゴ!?」
フルーティーな遺伝子を受け入れた八宝菜は、
果たして酢豚に勝てるのか?

次回、中華ランチ戦記第12話
「まずそうなラーメン屋ではチャーハンを頼め!」
お楽しみに!
[PR]
by mujyuuryoku | 2009-09-05 23:19 | チェキッ娘

チェキッ娘再会ライブ2

ジャンは主人公じゃなくて脇役じゃん!
マンモス恥ずかピー!
天丼のつもりが海老天が入ってなくてちくわ天だったみたいな。
ちくしょう、酒井法子め、俺まで騙しやがって!(八つ当たり)

というわけで昨日の続き。
自己紹介の後は
「チェキッ娘10年間どうしてたの?」
みたいなトークコーナー。

最初は藤岡さんでバンド活動をしてたことや、
ミス・メーテルみたいのに選ばれたことを紹介してました。

続いて加藤さん。
加藤さんは学校の教師をしていて、
今日は生徒さんたちも見に来てたそうです。
いまはもう先生を辞めてOLしているそうです。

お次は矢作さん。
mi-naのこととかは触れられず、
結婚したこととかを伝えてました。
…ん、結婚? え~っ、マジで!?
本気と書いてマジ!?
頭文字と書いてイニシャル!?
うわぁ、そうなんだぁ……
で、いまはナースさんだそうです。
患者さんは幸せだなぁ。

んで上田さん。
ただChee’s時代の写真とか
昔の変顔写真とかが出ただけでした。
さすがにTVKの写真は使えないか。

そして太田さん。
結婚式の写真とか、
トライフルバスの写真が出てました。

甲斐田は人気者で行こう時代のグラビアと、
店長をやってたレンタルビデオ店の写真、
そしてお子さんの写真が出てました。
みんな結婚してるなぁ。

このブロック最後は五十嵐さん。
本人いないのにカズアナが「これはなんの時の写真ですか?」
なんて質問してました。
最後に五十嵐さんがVTRで出演し、
仕事が忙しくて来れないと謝ってました。
劣化が噂されてましたけど普通にキレイでしたね。
いまはエステティシャンだそうです。

それにしても今回、
チェキッ娘みんな楽しそうなんですよね。
前回の「500円無くした」みたいな表情はなんだったんですかね。

また歌に戻り、「大好きな恋」
僕がいつもサビ前の藤岡・矢作パートで
メロメロになってしまう曲です。
続いて「デイドリーム」
キャー、すきな曲の連打!
僕がいつもサビ前の藤岡・矢作パートで
メロメロになってしまう曲です。
ようするに僕は藤岡・矢作パートが好きなだけかもしれない。

ここでまた10年を振り返るコーナー。
最初は野崎さん。
マスオさんはまだご存命だそうです。
そして結婚式の写真。
お相手は実は九志さんのファンだったそうです。

次は町田さん。
まっちぃポンプらしき写真と、
勤めてる中目黒のバーの写真。
和食屋のマネージャーもしてるそうです。

次に田中さん。
ゲームショーで
マイクロソフトのコンパ二オンやったときの写真とか出てました。
いまはOLさんでいいのかな。

続いて小林さん。
グラビアの写真と、
前やってたアパレル店の写真が出てました。
今はOLさん?

そいで松本さん。
ラスエンの時の写真と、
トライフルバスの写真。

で、九志さん。
ACe File時代の写真とか出してました。
さすがにヌード写真は出ないか。

このブロック最後は佐々木さん。
またVTRで登場しました。
いまは2番目のお子さんを生んだばかりで、
ライブには参加できなかったそうです。



今日もまたこの辺でいったん区切ります。
続きはまた気が向いたら!



次回予告
「親と会ってくれないか?」
2年間付き合った彼からそう言われ、
ウキウキ気分で彼の実家にやって来た春美。
そこで彼女が見たものは一軒の蕎麦屋だった。
(えっ、うそ・・・!)
彼女は目の前が真っ暗になるのを感じた。
なぜなら彼女は蕎麦アレルギーだったからである。
果たして二人の愛はアレルギーを超えられるのか!?

次回、「愛と蕎麦の狭間に」第12話
「蕎麦湯を出すタイミングはそこじゃない」
お楽しみに!
[PR]
by mujyuuryoku | 2009-08-31 19:55 | チェキッ娘

チェキッ娘再会ライブ

ああ、今日はチェキッ娘の再結成の日でしたね。
5年前のことが遠い昔のようで、
それでいてつい最近のことのようにも思えます。
照りつける太陽、暑い夏、熱い想い。
今回は残念ながら曇り空で雨もパラついていましたが……
って、俺また来てるじゃん!
もう関東にすら住んでなくて、
今日仕事休みたいって上司に言っても
「それは困る」って言われた男が、
なぜか約束の地に降り立ってるじゃん!
昨日の日記、フリじゃん!
狙い済ました天丼じゃん!

さ、ひとしきり「じゃん」を連発して
関東出身をアピールしたところで、
結局オタの痛い部分を丸出しにしてしまったわけですが、
もう仕方ない。
これも運命と書いてさだめ。
かつて「ジャン」と言う名の主人公が活躍した
「アニメ三銃士」の主題歌「夢冒険」を歌ってた
酒井法子が薬で夢のような冒険に旅出たのも運命です。

偶然の流れで酒井法子天丼が出て、
少し「してやったり感」がありますが、
もう一個天丼が出てツモる前に
本日の思い出を語らなければならないでしょう。
そうすることが僕の運命。
そういえば「運命」という曲も
「ジャジャジャジャーン!」だから
これでジャン天丼が完成してしまいました。
ツモ!(マージャン)

いい加減、ジャンの呪縛から逃れないといけないと思い、
必死にたどり着いたのが東京テレポート駅。
ライブの整理券配布が9時からなんですが、
着いたのがすでに10時半。
地方組みにしてはがんばった方なんだけど、
まあでも大丈夫だろう、チェキッ娘だし。
とか思っていたらすでに整理券配布終了してました。
しくじった!
開けてすらない牛乳の賞味期限を切らしてしまったことを
1S(いちしくじった)とするなら、
え~と、う~んと……比べ物にならないくらいしくじったよ!
こんなことなら前乗りするんだったよ!
たぶんその行動は理性のある限り不正解だけど、
己を貫き通すという意味では正解だった。
しかし過ぎたことを悔いてもしょうがない。
整理券のくだりまでですでに膨大な文章量になってるし。

ついたころにはちょうどリハが始まっていて、
オタ避けの幕の向こうからチェキッ娘の歌声が。
おかげでめし食ってから見るつもりだったのに、
ステージ周りに釘付けにされてしまいました。
その歌声を聴くために来たんだから本望ですけど。
今回はチェキッ娘だけで1時間半の予定だから、
全曲聴けるかな、とか思ってたら、
なんか不穏な雰囲気。
あーっ、アイドリング出てる!
5年前に美少女クラブがチェキッ娘ファンを持っていったように、
おまえらも奪いに来たか! 奪いーのか!
アイドリングがどのくらい絡んでくるかわからないけど、
これは全曲は無理かもしれないなぁ。

そしていよいよ開演となるわけですが、人多い!
整理券組みだけで500人くらいいそうな感じ。
ちょうどアイドリングの整理券も同じ時間に配ってたから、
暇つぶしのアイドリングファンもかなりいたんじゃないでしょうか。

なんて感じでいよいよスタート。
くまきりさんと町田さんの
「撮影はやめてね」みたいなアナウンスが流れ、
早くも盛り上がる会場。
そして旅立ちライブの映像が流れて、
あれから10年みたいな感じのテロップが流れます。
やかましいイントロとともに出てくるチェキッ娘たち。
1曲目はちぇきっこちぇりぃどーるです。
なんせ久しぶりだから、
「あの子どこ?」「あいつだれ?」
ってチェキッ娘の現状を把握するので必死でした。
とりあえずいないメンバーは五十嵐さん、佐々木さん、森さん。
大瀧さんはアンテナがなくて帽子、
上田さんはみんながデニムの短パンなのに一人だけミニスカでした。
あーっ、加藤さんがいる!
また舞台袖で星飛馬のおねえちゃんやるのかと思ってたら!

間髪入れず「ドタバタギャグの日曜日」。
正直この曲のフロント4人はそんなに好みじゃない子が多いんだけど、
なんかキレイになってましたね。
化粧の力でしょうか。

ここでMC渡辺アナが登場して
「いやー、みなさん10年前と変わらないですね」
なんてことを言いました。
あほか、このうそつき!
みんな10年前よりキレイになってるっつーの!

さ、僕が泥棒の「はじまり」を歩みだしたのはさておき、
ここでいよいよチェキッ娘の自己紹介です。

田中「みなさんお久しぶりです、チェキッ娘ID001の田中里奈です!」
下川「ID002の下川みくにです! ??? よろしく!」
矢作「お久しぶりです! ID003の矢作美樹です!」
新井「ただいまー! ID004の新井利桂です!」
くまきり「みなさん想い出作ってください。ID006くまきりあさ美です!」
上田「チェキッ娘ID007の上田愛美です!」
町田「チェキッ娘ID009、町田恵です。緊張してます。がんばります!」
九志「ID010九志麻理奈です! まだまだプルプルだよ!」
藤岡「チェキッ娘ID012藤岡麻美です!」
野崎「チェキッ娘ID013野崎恵です!今日は楽しんでください!」
嶋野「チェキッ娘ID014嶋野蘭です。みなさん盛り上がってますか!」
松本「チェキッ娘ID016松本江里子です。 ???」
加藤「チェキッ娘ID017の加藤真由です。みなさんに会えてすごく嬉しいです!」
甲斐田「チェキッ娘ID018甲斐田聡美です。楽しんでってくださいね!」
小林「チェキッ娘ID019の小林裕美です。燃え尽きるぞ~!」
大瀧「チェキッ娘ID020の大瀧彩乃です。
今日みなさんどうぞ歌ってってください、よろしくお願いします」
太田「チェキッ娘ID021太田優歌です。 ???」

自己紹介も終わり、いよいよライブも本番。
……なんですが、さすがに長いので続きはまた後日。


<次回予告>
盛り上がりを見せるチェキッ娘のライブ
しかしそのとき突如、時空の狭間から現れたのは
魔城ドリームキャッスルだった。

ダーク・ユカワ「ふっはっは、久しぶりだな諸君。

 今日は再びチェキッ娘を道連れにするためにやってきたぞ!」

???「そうはさせないぞ!」

ダーク・ユカワ「お、おまえは!?」

集いし戦士たちの雄たけびが、
いま約束の地に響き渡る!

次回、チェキッ娘戦隊はじまりジャー第10話
「放て、最後のディパーチャービーム!
 もうこのさいID008の吉岡さんも呼んで良くね?の巻」

お楽しみに!
[PR]
by mujyuuryoku | 2009-08-31 00:01 | チェキッ娘

なつかしの思い出

明日はとうとうお台場合衆国でチェキッ娘の復活ライブです。
5年前のチェキッ娘再結成時の日記が
ネット上にすでにないことに気づき、
一部タイムリーなネタがあったため再アップ。



 こころ~に冒険王 夢を~抱きしめたくて~♪ というわけで夢重力空間INお台場冒険王、略して「夢冒険」(酒井法子)でございます。


 ゆりかもめを降りると平日だというのに結構な数の人ごみ。しかし果たしてこの中の何人が冒険していると言えるんでしょうか。どうせ「パパ、どっか連れてってよう!」「よ~し、じゃあお台場でも行くか」「うわ~い!」ってな感じなんでしょ? そんなの冒険じゃない! ただの遠出だよ! 「冒険」っていうのは僕がやっているようなことを言うんですよ。無職のプーのくせに、仕事も探さず貯金を削ってこんなとこ来ちゃってんの。わお、ワイルド!


 入場までの待機場所に向かう途中、チェキッ娘のオリジナルうちわをくばっているチェキ男さんがいました。がんばってるなぁ・・・。早速一枚もらって炎天下をひたすら待機。ようやく中へと案内される途中、ステージからリハ中のチェキッ娘の歌声が。気分も高まります。このときになってようやくチェキッ娘が出ることを知った人も大勢いるようでした。いつも通り最前争いが起きたのかどうかは不明。カメラ類は入り口で没収。


 会場は思っていたよりも全然小さかったです。でもスタンド席は結構余裕で座れる状態。なんせ僕自身、余り券を1枚持ってましたし、ネットでも券が余っているという情報が流れてましたから。アリーナも最前以外はぎゅうぎゅうという感じじゃありませんでした。開演直前にきくちPがすぐ前を通過。以降、何度も見ることができました。


 一曲目はオープニングアクトのチェキッ娘かと思いきや、MARSとかいう聞いた事のないバンド。「明石屋城」でやっていたのですが、なんとフジテレビの社員だそうです。反省会で若手芸人を激怒させていたあの女がボーカル。なんでこんなおどおどした表情で歌ってるのかと思っていたら、素人さんだったんですね。


 そしていよいよチェキッ娘。思ったより会場は小さかったものの、それでも僕は後のスタンド席だったので肉眼でメンバーを確認するのは結構困難。ステージ後ろに設置されたモニターで大写しになって「え、この子だったの!?」と驚いたりしてました。矢作さんとか嶋野さんとか松本さんとかすごく大人っぽくなっててびっくり。逆に久志さんは久志さんのまんまで、「まりなはず~っとプルプルよ!」という旅立ちライブのセリフが思い出されます。上田さんはなぜかテンションが低かったような気が・・・。


 心配していたような「夢は夢のほうが良かった」なんてことは少しもありませんでした。ただカメラワーク(スイッチング?)が悪くて、最初の「抱きしめて」はほとんど小林さんばかりがアップでモニターに映ってたり、「はじまり」でメンバーが順に手を下ろしていくところを逆の方から撮ってたり。そんなわけでせっかくのチェキッ娘があんまりよく見えなくて若干凹み気味。


 続いて美少女クラブ21。ますだおかだ目当てで番組を見てるうちにちょっと好きになり始めているグループです。でも名前を知ってて顔と一致するのはメインボーカルの安良城さんとダンスリーダーの本田さん、一番小さい坂巻さんに虫を平気で食べちゃう衣知川さん、声が低い後藤さんくらい。デビュー曲の「Da Di Da☆Go! Go!」、安良城ソロの「ハーモニー」、森田クラブ「モンスーン・アジアの葦の舟」、そしてなぜかもう一回「Da Di Da☆Go! Go!」を歌いました。坂巻さんが小さい体で一生懸命踊ってるのがめさめさかわいい! キャラが好きな本田さんも見れたし、安良城さんの「ハーモニー」もいい歌だと思っていたので聞けてお得な感じ。ただ声援は小さかったです。そう言えば彼女たちがメインに活動してるのはテレ朝。言うなればアウェイだったんですね。まあ、そんなことを観客が意識してたわけでもないでしょうが・・・


 ここからずらっと僕の知らないアーティストが並びます。試練の時間。でも曲はどこかで聴いたことのあるやつが多かったです。まず辻香織さん、そして松本英子さん、イクタ☆アイコさん、Re・GirLさん、Fottunaさんの順。そしてここからは司会をしていたアナウンサーやアイドルの3人がなぜか歌う事に。サエコさん、葵さん、戸部洋子さんの順。戸部洋子さんがあややの曲を歌うと会場内大盛り上がり。ハロプロファンの多さを痛感しました。


 ちなみにこの間、トイレに行く途中、売店を見るとチェキッ娘グッズを買うと直筆サインがもらえるサービスをやってました。一番安いこともあり、新品を持っていなかったアルバム「Best Memories」を購入。発売から5年経ちますが、未だに初回特典が付いてます(笑) こうしてめでたくサインゲッツ!


 その後は強力なラインナップが並びます。AKINA、ボンブラ、Dreamと会場は大盛り上がり。ただ僕はあまりファンではなかったので曲とかもまったくわからず、「みんな一緒に!」とか煽られては、心の中で「おまえの歌なんか知らねぇよ!」と叫んでました。もし実際に叫んでたら「チェキッ娘の歌なんてもっと知らねぇよ!」なんてボコボコにされてたところでしょう。あぁ、美少女クラブ21の頃が懐かしい・・・


 そしていよいよハロプロ勢のミレニアム打線の出番となりました。まずはゴマキがステージに登場! 僕はビックリしました。


 なにがビックリって、ゴマキを生で見てるのに「ふ~ん」くらいにしか思わない自分にですよ! 暑さで感情が麻痺してしまったのかとその時思いました。


 ところが違ったんですね。それは次になっちが登場したときの事です。なっち登場! テンションの上がる会場! 僕のテンションも急上昇! でもそれはステージ上のなっちのせいではなくて、ステージ脇のスタッフ通路にチェキッ娘の佐々木さんと小林さんが現れたからです! だいたい距離10mくらい。なにやら電話をしたりしながら誰かを探している様子。やがて男性3人がやってきて一緒にスタッフ通路に入っていきました。佐々木さんのお兄さんとそのお友達?


 そんなわけでほとんどなっちを見ることもなく、ステージ上にはあやや! 会場のボルテージは最高潮! 僕のボルテージも最高潮! でもそれはあややのせいじゃなくて、やはり野崎さんと嶋野さんがスタッフ通路に現れたからです! どうやら客席側からあややの歌を見たかった様でした。


 これなんですよ、僕がチェキッ娘を好きな理由は! 「顔が好み」とか「歌が好き」なんて理由が決定的理由じゃないんです。彼女たちがいかにも普通の女の子だから好きなんです。それまでテレビのアイドルとかを見てても「キャラを作ってんじゃないの?」なんて疑いの眼差しで見ていたりしたのですが、彼女達は「これが彼女たちの本当の姿なんだ」と思えるんです。まあ、本当の彼女たちのことなんて知らないわけですからあくまでもビデオなどのオフショットを見て判断しているだけなんですが、今日の野崎さんと嶋野さんが嬉しそうにあややのステージを見ている姿などを見るとやっぱり彼女達はいつまでも普通の女の子なんだなと思えます。そして彼女たちをそういう形で芸能界に出し、僕に見せてくれたチェキッ娘という空間が好きなんです。僕がメンバー個人ではなくチェキッ娘全体を応援するのはそういう理由からなんですよ。・・・なんて長々説明してもわかってもらえないと思いますが。


 そんなわけで国民的アイドルを無視して局地的アイドルを見続けた僕。監視スタッフが明らかに怪しい目で僕を見てました。そりゃ一人だけオペラグラスでステージとまったく違う方を必死で見てるんですから、そういう目で見られますよね。でもいいんです。俺はチェキッ娘を見にきたんだ! ガオー!(心はライオンキング) 会場の大部分とはまったく違った興奮の仕方で、僕の初めてのライブは幕を閉じました。帰りにGPFTシャツを買い、ひさびさの帰宅ラッシュの電車でもらったチェキッ娘うちわが壊れないように細心の注意を払いながら帰りました。


 なんだかチェキッ娘ファンのほとんどが「これが最後のライブ」なんて言っていますが、僕にとっては「最初のライブ」です。また5年後でもいい。10年後だっていいです。もっとチェキッ娘が見たいです。10年以上後はその時になってみないとわかりませんけど(笑)。12日も行こうと思ったらチケット売り切れてました(泣)。


 そんなわけでまたチェキッ娘としてライブをやれるように、ネットの片隅からそれなりに応援します。今日ははじまりなんです。帰り道、外灯に照らされた街路樹でちょうどセミが脱皮してたのもきっとそういうことなんです。


 今日のライブはいちばんの思い出です。でもそれは「人生で」ではありません。あくまでも「いままでで」です。チェキッ娘がいる限り、僕のBest Memoryはいつだって更新されますから。


 というわけでチェキッ娘のシングル曲がすべて入った『Best Memories』! いまならまだ初回特典が付いてくるかもしれませんよ! わお、こりゃ買いだね!



(ついでに80’Sのときの日記)



 あの感動と興奮のチェキッ娘再結成から3日が経ちました。なんだか遠い昔の事のようにも思われます。しかし思い返そうとすれば鮮明に思い出すこともできます。ほら、お台場を埋め尽くすほどの人、人、人。焦げそうなほど暑い陽射し。首筋を滝のように流れ落ちる汗。まるで今もあの時の場所にいるような気さえします。まさに追体験と言っても過言ではありません。うわ~、暑い・・・ずいぶんリアルな思い出だな、これ。・・・っていうかひょっとして俺、またお台場に来てない?


 というわけでGPF4に続いて行って参りました、GPFエイティーズ! だってチェキッ娘から下川みくにさん、矢作美樹さん、くまきりあさ美さん、藤岡麻美さんと、4人も参加するなんて言うんですもん。しかも当サイトで何度も言っているように藤岡さんは「本当は女神なんでしょ?」って聞きたくなるくらいの美貌の持ち主。そしてそれに追随するくらい好きな矢作さんは「その笑顔にノーベル平和賞をあげるべきなんじゃないか」と思えるほど明るくて優しい元気娘。このダンディー的ツートップが揃い踏みしてしまったら、僕のサイフの紐ディフェンダーなんてイチコロですよ。コロスケの刀ぐらい役に立たないですよ。しかもいまなら実力NO.1の下川さんと天然ダイナマイトボディのくまきりさんまでセットになってるんです。ジャパネット高田もお手上げのフジネット台場ですよ。さらになんかチケットまで手に入っちゃったの。神様、感謝!


 でも今回は体調が思わしくない。8日辺りから、夜に寝付けない日が続いてるんですよ。食欲もないし。しかも今回は前回より暑い!(あくまでも僕の体感でですが) さらに今回は立見席。前回より短い2時間半の予定とはいえ、かなり辛そうです。ついでに言えば僕のサイフの中身も厳しい戦いを強いられています。でも絶対に負けられない戦いがそこにはあるわけですよ(他局)。


 今回も泣きそうな運賃を払っていざお台場へ。ちなみにもっと安く済むルートがあると知ったのは帰りの切符を買ったあと(泣)。ヤフーの路線案内も万能ではないのね・・・。でもいいさ、きっとあの局地的アイドルたちが僕のハートに卑怯なまでのゲリラ戦法を仕掛けてこの涙を吹き飛ばしてくれるさ!


 会場に近付いていくと、さっそく藤岡さんがリハする歌声が聞えてきました。さらに会場に到着すると、今度は矢作さん率いる(?)バンド”mi-na”がリハ中。しかも外からまる見えなの。いっぱい野次馬が集ってました。しかし途中で入場のための集合がかかってしまったので途中でその場を離れました。あぁ、名残惜しい・・・


 前回同様、入場まで敷地の外で並んで待たされます。僕はかなり後ろの方だったのですが、笑っちゃうくらい人がいないです。このまま行けばいいな、なんて淡い期待を抱きつつ、直射日光の中をひたすらしのぎます。あ、そうそう、日焼け止めを塗らなきゃ・・・って、あぁっ! おもいっきし服に付いた!


 そんな凹みやら体調不良やら暑さやらのせいもあり、なんとなく気分も悪くなってきました。ところがなんと入場時刻になっても全然人が来ない! 特に整理番号300辺りから500辺りまで誰もいないの。全部で700か800番までだったみたいなので、いかにガラガラだったかお分かりいただけるでしょう。今日のファン層では「この暑さは無理!」と判断した方が多かったのでしょうか。なにはともあれスムーズに入場でき、余裕たっぷりの会場で座ってると体調も回復してきました。神様、感謝!


 ちなみに今回は立見席は前ブロックと後ろブロックに別れ、チケット持っている人は前、1DAYパスポートで見る人は後ろかスタンド席ということになってました。純粋に今回のメンバーだけで客を呼ぶのは不可能という見越しでしょうか。立見席の横幅も前回の4分の3くらいしかなかったし。


 落ち着いた僕は徐々に増えていく入場者を観察。前回はネットでチェキッ娘ファンが相当盛り上がっていたのですが、今回はまったく盛り上がっていなかったので、「ひょっとしてチェキッ娘ファンなんてほとんど来ないんじゃないか」なんて思っていた矢先、某有名チェキ男さんたちが集団で登場。結局30人前後くらいはチェキ男さんがいたみたいですね。


 開演前に売店をのぞきに行くと、なんときくちP自らTシャツを販売していました。しかも下川みくにさん、矢作美樹さん、藤岡麻美さん3人のサイン入りTシャツ! 藤岡さんのサインがローマ字と漢字の2パターンあったのですが、僕が買うときにはもうローマ字バージョンしか残っていませんでした。全部で10着くらいしかなかったみたいですね。他にはおにゃん子のDVDしか売っていませんでした。買うとサイン色紙が付いてくるそうですが、僕は興味ないのでパス。


 そしていよいよ開演・・・かと思いきや前説。「くつ下一足二足」というホリプロのお笑いコンビが出てきて、「カメラなどでの撮影は禁止です。今日の記憶は心に焼けつけてください」みたいなベタなボケで観客を盛り上がらせたというか、観客が勝手に盛り上がったというか、そんな感じになりました。


 そして今度こそ開演。いきなり下川さん登場! 実は前回最初に出てきて、お台場冒険王テーマソング「Take a chance」を歌ったMARSが出てこないかと期待してたんですが・・・。ちょっぴり残念。しかし今回は近い! 前回の3分の1くらいの距離です。しかもソロなので一人だけを集中してじっくり見れます。おぉ、かわいい! まずはソロデビューシングル「BELIEVER」を披露。途中、スタンバイに入る藤岡さんが見えたのでそっちに浮気。うわ、やっぱキレイだなぁ・・・。続いて10月に発売するシングル「悲しみに負けないで」を披露。しっとりとしたバラードでいい感じでした。


 続いて藤岡麻美さんが登場! うわ~、すげぇ打線! 「高橋の次はローズかよ!」みたいな。自分で曲を弾きながら「I’m here」と「ワンピース」を歌ってくれました。どちらもソロデビューミニアルバム「Departure」に収録されています。みんな買いですよ! なんて言いつつ、やっぱり舞台袖に移動する矢作さんに視線を浮気したりもしました(笑)


 そしていよいよ謎の新バンド”mi-na”が姿を現します。うわ~、豪華! 「ローズの次は小久保かよ!」みたいな。てっきり女性3人かとかってに思っていたら、ドラムはREIZIさんという男性の方でした。羨ましぃ(笑)。曲は「スペースラブ」という縦ノリ系の曲。ボーカル&ギターのnaomiさんは声がかわいいくて胸が大きいかったです(笑)。モニターに映ったとき、ものすごくくっきり谷間が出てるんだもん。それに比べ矢作さんは(以下自粛)。まあ、それでも矢作さんばっか見てたので、naomiさんがどんな顔してたかすら覚えていないんですが。ところで”mi-na”って矢作美樹さんの名前の「mi」とnaomiさんの「na」で”mi-na”なのかな? REIZIさんの立場は?(笑)


 3人の演奏が終わると、司会の戸部アナと吉村明宏さん、そしてくまきりあさ美さんがビキニにジーンズの短パンを履いた姿で登場。歌で目立てないので、露出で勝負してみたとのこと。おかげでそれ以降、くまきりさんが出るたびに剥き出しのお腹に視線が行ってしまいましたよ。いや、やらしい視線じゃないですよ。いつくまきりさんが力を抜いてポコッとしてしまうか心配で(笑)。


 ここからしばらくフリートークみたいになります。僕のニワトリ並みと恐れられた記憶力で再現しますので、どうか信用しないでください。


 自己紹介のあと、吉村さんがまず下川さんを「あなたイイ!」と褒め、続いて藤岡さんを「あなたもイイ!」と褒め、矢作さんでオチがあるのかと思いきや「あなたもイイ!」と褒めてました。で、「おまえだけだよ崖っぷちなのは!」みたいな感じでくまきりさんをいじってました。


 さらに「あなたにとってチェキッ娘とは?」という質問に対し、下川さんは「ここにいたるまでの階段」みたいな答え。・・・踏み台ですか!(笑) 藤岡さんは「仲間」、矢作さんは「青春」と答えてました。続いて答えようとするくまきりさんに吉村さんが「おまえには聞いてねぇよ!」とひといじり。くまきりさんの答えは「はじまりの場所」でした。


 どこでか忘れましたがこれらのトーク中、吉村さんが「他のメンバーも見に来てくれてるんだよね」と客席後ろを指差しました。振り返ると私服の久志麻理奈さんと野崎恵さん! 盛り上がるチェキ男たち。やっぱチェキッ娘はいいなぁ・・・


 最後にイベントの告知などをして3人のコーナーは終了。くまきりさんも崖っぷちネタで笑いを取ってました。REIZIさんとnaomiさんは最初の自己紹介の時以外、マイクを向けてすらもらえませんでした(笑)。がんばれ、”mi-na”!


 以降は完全に流しモード。まず80年代、90年代生まれのSweetS、Sugar、鈴木あみさんが順番に80年代にヒットした曲を歌いました。詳しくはこちら。堀之内社長っぽい、この炎天下にスーツを着たおじさんがメンバーの写真か何かを掲げながらSweetS、Sugarを応援してたのが印象的。Sugarの曲はCMで使われたりもしてて、個人的には好きな感じ。


 SweetSとのトーク中、吉村さんが「解散しちゃダメだよ」と発言。待ってましたとばかりにくまきりさんが「私みたいになっちゃうよ」と言いますが、なぜか吉村さん無視。もう一回言うけど無視。吉村さんが「~みたいになっちゃうから」と僕の知らない昔のグループ名をあげてややウケ。さらにもう一回、くまきりさんが「私みたいになっちゃうよ」と言ったところでようやく相手にしてもらえてました。ダメだよ、くまきりさん! 君はねらって笑いが取れるようなアイドルじゃないんだ!


 今度は鈴木あみとのトーク中、吉村さんが「こういうタイプ嫌いなんじゃないの?」みたいなパスをくまきりさんにあげました。するとくまきりさんは「好きですよ、DVD持ってます!」とワントラップ。そしてシュート! 「ダイエットしたい時とかに見るんです」だって。吉村さんが「見ると食欲がなくなるってことか!」みたいなことを言って大爆笑。見事にゴールを奪いました。やっぱりくまきりさんは天然じゃなきゃ!


 ここからは80年代にアイドルだった方たちの出番。伊東つかささん、新田恵理さん、城之内早苗さん、柏原芳恵さん、大場久美子さん、そしてトリの槲原郁恵さんと続きます。この辺は全然わかりません。柏原芳恵と聞いて槲原郁恵さんの顔を思い浮かべてたりしたし。そしてなぜか槲原郁恵さんの時だけ紙テープが投げ込まれました。槲原郁恵さんは「観客の方がこんな紙テープまで用意してくれて」とおっしゃってましたが、あれはくつ下一足二足さんやスタッフさんたちが投げてました(笑)。槲原郁恵さんの歌唱力だけでは盛り上がらないと判断したのでしょうかね。ロボットとかけっこう良かったけどなぁ・・・


 最後に全員で「夢見るシャンソン人形」。歌終りに全員がサイン付きカラーボールを客席に投げて終了。そのあとも舞台袖にチェキ陣の後姿が見えてたのですが、スタッフに会場を追い出されてしまいました(泣)。 9日は予定終了時間30分前に終わりましたが、今回は20分遅れ。フリートークが盛り上がったせいかと思われます。


 今回はお気に入りのメンバーを一人づつ、しかも近くで見れましたし、トークもけっこう聞けて非常に楽しかったです。チェキッ娘サイコ~!





タイムリーなネタっていうのはもちろん酒井容疑者のとこだけなんですけどw

「また5年後でもいい。10年後だっていいです。もっとチェキッ娘が見たいです」

うわ、なんか予言めいたこと言ってるw

「今日のライブはいちばんの思い出です。でもそれは「人生で」ではありません。あくまでも「いままでで」です。チェキッ娘がいる限り、僕のBest Memoryはいつだって更新されますから」

あー、こんなこと言ってたのね。恥ずかしい。
もちろん恥ずかしいのは、
「こんなこと言ってた自分」じゃなくて、
「こんなことを言えなくなった自分」ですけど。
馬鹿みたいなことでもいいから、
生きる意味を持たなくちゃいけないのにね。
[PR]
by mujyuuryoku | 2009-08-29 23:39 | チェキッ娘
チェキッ娘が出るいいとも見逃した。
[PR]
by mujyuuryoku | 2009-08-20 21:44 | チェキッ娘

なんですと~!

チェキッ娘がまた8月30日にお台場合衆国で復活ですと!
ちょうどキャンパスナイターズって、
なんかチェキッ娘っぽくていいなぁと思ってた矢先に、
ご本人登場ですか!
藤岡さんキレー!
つーか録画で見たから数日遅れのサプライズだけど。
でもその日仕事。
仕事なかったら行くかって言われても迷うとこだけど。

なんか現実から目をそらすことに精一杯で、
ほかの事にエネルギーをそそぐ余裕がない。
好きなことをするために仕事をするもんだと思ってたけど、
実際に働くと仕事が第一になっちゃう世の中の仕組み。
自由だったニート時代にチェキッ娘の再結成が見れて、
それが働き出すエネルギーになったから、
チェキッ娘には恩すら感じてるんだけど、
日常に埋もれたこの体を掘り出すのは、
なかなか骨の折れる仕事なんです。

せめてまだ東京に住んでたころならなぁ。
やっぱりこんな会社イヤ。
[PR]
by mujyuuryoku | 2009-08-17 22:12 | チェキッ娘

がけっぷち

明日のさんま御殿にくまきりさんがご出演なさるんですって。
たぶんほとんどしゃべれないんだろうけど。

最近、紳助さんの番組には呼ばれないなぁ。
[PR]
by mujyuuryoku | 2006-07-17 21:50 | チェキッ娘

藤岡女神

はいどーも、ダンディーです。
セピア色の思い出の中でなお色あせず美しいものがあったらたぶんそれです!
というわけで美しさのかけらもないともっぱらの評判の当サイトですが、
美しさを凝縮して純度99.9%まで高めて出来た結晶であるチェキッ娘の藤岡麻美さんが、
なんとTBSで連続ドラマに出るそうです。
「花嫁は厄年」というドラマでメガネッ娘の役だとか。
7月6日からの放送らしいので要チェキ。
[PR]
by mujyuuryoku | 2006-05-31 01:32 | チェキッ娘

読者置いてきぼり

元チェキッ娘の下川さんが「Review ~青春アニソンカバーアルバム~」に続いて、「Remember ~青春アニソンハウスアルバム~」というのを発売します。

前回は『思い出がいっぱい』とか『愛・おぼえていますか(マクロス)』『ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~(ガンダムF91)』『ブルーウォーター(不思議の海のナディア)』『残酷な天使のテーゼ(新世紀エヴァンゲリオン)』などなど、20代以上のアニメファンにはたまらない豪華ラインナップでした。しかも下川さんの歌声がけっこう合ってましたしね。

今回はこんなラインナップだそうです。

1. 悲しみよこんにちは <「めぞん一刻」より>
2. City Hunter~愛よ消えないで~ <「City Hunter」より>
3. 雨にキッスの花束を <「YAWARA」より>
4. タッチ <「タッチ」より>
5. 願い事ひとつだけ <「名探偵コナン」より>
6. 魂のルフラン <「新世紀エヴァンゲリオン」より>
7. 水の星に愛をこめて <「Zガンダム」より>
8. 約束はいらない <「天空のエスカフローネ」より>
9.サクラサク <「ラブひな」より>  (M9~M12 メドレー)
10.コンディション・グリーン <「機動警察パトレーバー」より>
11.檄!帝国華劇団 <「さくら大戦」より>
12.Be My Angel <「エンジェリックレイヤー」より>
13.ゆずれない願い <「レイアース」より>
14.Bonus Track “Mikuni Shimokawa 青春アニソンMega-Mix

けっこう知らないのが多いのですが、
『コンディション・グリーン』を見てかなりテンションがあがりました。
よくそこに目を付けてくれた!って感じです。
一時期、笠原弘子ファンだった僕にはたまらないものがあります。
下川さんならうまく歌ってくれそうですしね。
他にも『タッチ』とか『ゆずれない願い』も声質的にうまくマッチしそう。
『水の星に愛をこめて』はうまく歌えるんだろうけど、
森口博子さんの原曲にはかなわないかなぁ。
『ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~(ガンダムF91)』は下川さんのほうが好きですけど。

でも『檄!帝国華劇団』はちょっとなぁ。
僕が元サクラオタというのもありますが、
あれはもう完成されたものですからね。
作品の世界観と歌の世界観と歌手の世界観がすべて統一されたものですから、
そこにはもうアレンジの入り込む隙間はないと思うんですよ。


なんてひさびさにアニオタの血が騒いでしまったダンディーでした。
[PR]
by mujyuuryoku | 2006-02-06 01:27 | チェキッ娘

なんとなく衝撃

あれ? ひょっとして上田愛美さん事務所変わった!?
[PR]
by mujyuuryoku | 2006-01-30 00:07 | チェキッ娘